ラグナロク

よく行く映画館が吹き替えだけの公開と知ったときは、同行者が怒っていた。なぜタイトルが「ラグナロク」ではなく「バトルロイヤル」なのか。

以前、同じ映画館に行ったときに若いカップルの男が「なんで字幕やねん!意味わからん!」と連れの女性に真剣に怒っていてびっくりしたことがある。近所の整体の医師が「ブラックジャック(マンガ)は字が多いから、面白くない」と言っているの聞いて通院を止めた。

文化的な基礎はちょっとしたカッコつけなのかもしれない。最低限のいいカッコしいもなくなった。むき出しの本音は怖い。

そして「ソー・バトルロイヤル」を初日・最終回で鑑賞。深夜の映画館の雰囲気はとても楽しい。

コメディータッチなので衝撃が薄まっているけれど、かなりシリアスな内容。大切にしていたもの、人、場所、すべて捨てた境地にたどりついたソー。やはりこれが神という存在かもしれない。70%がアドリブで撮影されたとも聞く。傑作です。

 

 

 

 

 

 

精神の安定のために音で絵を描く。

ある時期までドローンが苦手だった。今でも同じ周波数で鳴り続けているドローンは苦手だ。

理由はよく分からない。音楽を聴くという行為が、無意識のうちに時間的な変化を期待しているからだろうか。

いやいや、そんな高尚なものではなくて「ずっと同じ」ということで「収録時間分の労働しろよ!」と思ってしまっているのかもしれない。ライブでラップトップ系の演者を見ると、ついそう思ってしまう。もちろんある種のノイズも同じ。歪をアンプにつないでつまみいじっているだけじゃん!と思ってしまう。

そんな工場労働者の自分も、Andrew Chalkの音楽は大切に思っている。音の絵画というか筆使いがドローンの流れに思えて、なんだかライブドローイングに立ち会っているように感じている。

近年、ますます出版物の装丁が凝っているのに比例して、音のほうも流れを増しているのもそのせいかもしれない。

 

Vieux Silence

Vieux Silence

 

 

雷母

最高かよ!

 

Rock 'n' Roll Disaster

Rock 'n' Roll Disaster

 

 

奇跡とか真実とか

あるんだなって思います。

 

2017/2/11 名古屋クラブクアトロ

心と言葉

心が存在するのは言葉があるから。

それならば言葉は心なのだ。

 

四畳半

四畳半

 

 

無題

前作から速いペースで発表された新作「星も知らない」、素晴らしい。奇跡的な作品で感動した。

忘れたいのに思い出せない一瞬が封じ込められていた1st以降、無垢と音楽性の間の綱渡り状態からネクストレベルへ至ったように感じる。

「宇宙まで飛んでいけ~」というワイルドマンフィッシャーの言葉を捧げたい。

 

星も知らない

星も知らない

 

 

本との対話

前にも書いたけれど、本を読む本が好きだ。特に、著者が本との真剣な対話をしている本が。

群ようこさんの著書はほぼ初めて読んだ。難波のブックオフで買った。群ようこさんは、椎名誠著「本の雑誌血風録」で読んだ知識しかなくて少し軽い方かと思っていた。

本との真摯な対話をしていてとても心にしみた。解説に簡潔にまとめられているように、多くが自由と孤独についてだ。

何かに押し潰されれそうになっている自分には励みになった。

 

本取り虫 (ちくま文庫)

本取り虫 (ちくま文庫)

 

  

本の雑誌血風録 (新潮文庫)

本の雑誌血風録 (新潮文庫)

 

 須賀敦子さんの「コルシア書店の仲間たち」にも本との真摯な対話があった。

 

コルシア書店の仲間たち (文春文庫)

コルシア書店の仲間たち (文春文庫)

 

 過去の著者との対話は真に「他者」との対話かもしれない。

 

「他者」の倫理学  -レヴィナス、親鸞、そして宇野弘蔵を読む

「他者」の倫理学 -レヴィナス、親鸞、そして宇野弘蔵を読む