精神の安定のために音で絵を描く。

ある時期までドローンが苦手だった。今でも同じ周波数で鳴り続けているドローンは苦手だ。

理由はよく分からない。音楽を聴くという行為が、無意識のうちに時間的な変化を期待しているからだろうか。

いやいや、そんな高尚なものではなくて「ずっと同じ」ということで「収録時間分の労働しろよ!」と思ってしまっているのかもしれない。ライブでラップトップ系の演者を見ると、ついそう思ってしまう。もちろんある種のノイズも同じ。歪をアンプにつないでつまみいじっているだけじゃん!と思ってしまう。

そんな工場労働者の自分も、Andrew Chalkの音楽は大切に思っている。音の絵画というか筆使いがドローンの流れに思えて、なんだかライブドローイングに立ち会っているように感じている。

近年、ますます出版物の装丁が凝っているのに比例して、音のほうも流れを増しているのもそのせいかもしれない。

 

Vieux Silence

Vieux Silence