読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本との対話

前にも書いたけれど、本を読む本が好きだ。特に、著者が本との真剣な対話をしている本が。

群ようこさんの著書はほぼ初めて読んだ。難波のブックオフで買った。群ようこさんは、椎名誠著「本の雑誌血風録」で読んだ知識しかなくて少し軽い方かと思っていた。

本との真摯な対話をしていてとても心にしみた。解説に簡潔にまとめられているように、多くが自由と孤独についてだ。

何かに押し潰されれそうになっている自分には励みになった。

 

本取り虫 (ちくま文庫)

本取り虫 (ちくま文庫)

 

  

本の雑誌血風録 (新潮文庫)

本の雑誌血風録 (新潮文庫)

 

 須賀敦子さんの「コルシア書店の仲間たち」にも本との真摯な対話があった。

 

コルシア書店の仲間たち (文春文庫)

コルシア書店の仲間たち (文春文庫)

 

 過去の著者との対話は真に「他者」との対話かもしれない。

 

「他者」の倫理学  -レヴィナス、親鸞、そして宇野弘蔵を読む

「他者」の倫理学 -レヴィナス、親鸞、そして宇野弘蔵を読む