読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

必然性

あまり好きではないけれどヘビィメタル、あるいは大好きなパンク・ハードコアやノイズ、もはや老人になってしまったロックを演奏する人には必然性があった。必然性がなければできない音楽だった。それだから人の人生を変えるような物語の力を持てた。

今は、すべてがバラバラなピースに分解されて、意味を失い継ぎはぎの音になって、必然性の無い人間が演奏するようになった。物語を失ったものには人を突き動かす力はない。なんだか興味が薄れていっている。もちろん、音を伝える媒体や電子楽器の進化もあるだろうけれどそれは結果だと思う。

バラバラに分解されて継ぎはぎになった音楽に必然性があるのは、ヒップホップ(ラップ)だけだと思う。だから最近ラップが好きになったのかもしれない。

物語を求めてしまうのだろうけど、古いのだろうか?

 

 

N.E.N

N.E.N

 

 

四畳半

四畳半

 

 とにかくKOK 2017、いろいろあったけど興奮しました。