生と死というもの:そして道が生まれる

死者が見えるオッド(変わり者)の物語。

ラストは悲しいが、美しくもある。

死者との対話により、我々は道を見出す。

 そう、死は怖くないのだ。