読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

透明人間

いいなあ。骨の音か。即興というよりも、なにか妖精が奏でる音楽のようだ。それほど人間の声は表現力があるのかもしれない。

「血と骨」という小説があった。別に好きでもない。しかし血と骨は人間が脈動する生命であることを生々しく裏打ちしていた。

骨の髄からこんな音になれたらいいのに。透明人間になれそうだ。

GRASS PILLOW

GRASS PILLOW