読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2013.7.4

日記ならぬ読聴日誌 燃える仏像人間アーティスト: 桜稲垣早希とジャン=ポール高橋出版社/メーカー: ORANGE RECORDS発売日: 2013/07/03メディア: CDこの商品を含むブログを見る キュートだけど唄ってる曲が少ないのは詐欺では? 本は10冊同時に読め!―本を読ま…

こんなに生きるのが難しいとは思わなかった

心が抉られる。 時間に抗うのは何故こんなにも苦しいのだろうか。 過去・現在・未来の数直線、あるいは円環。 それでは全て幻想である。 しかし、この世で最も強いのは幻想である。 俺はまだ本気出してないだけ 1 (IKKI COMICS)作者: 青野春秋出版社/メーカ…

この想い

音はデータに還元されない。 もう少しだけ、このまま。 小人狂想曲アーティスト: コロボックルズ出版社/メーカー: CICADA PEAKS / GLOBAL TWIST INC.発売日: 2012/12/05メディア: CD クリック: 3回この商品を含むブログ (10件) を見る 満月ロックンロールア…

雑談力

この世の中に対して何も役に立たない。 そんな雑談が聴きたい。 新自由主義に立ち向かうには雑談が必要だ。 タキモトの世界作者: 久住昌之文/ 滝本淳助写真出版社/メーカー: 復刊ドットコム発売日: 2013/03/16メディア: 単行本(ソフトカバー) クリック: 9…

読書と言葉

本を沢山読み、沢山の言語を学ぶ。どうも本読みと語学学習はかなりの連関があるように思える。ああ、美しい生活である。 ブダペストの古本屋 (ちくま文庫)作者: 徳永康元出版社/メーカー: 筑摩書房発売日: 2009/06/10メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 38回…

memo random

科学と愛国心と神々と。そして解決するのは核ミサイルである。 人類はどこまで傲慢なのか?ヒーローとは人間を超えた存在なのかを問いかける。 己の敵は己の心であるように、ヒーローを作り出したのもまた人間である。 アベンジャーズ ブルーレイ(3枚組/デジ…

memo random

夜を唄える人は少なくなったなあ。 あるいは夜がなくなったのか。 夜に開く夢がなくなった。 昼間の夢は欲望だ。 夜のアルバムアーティスト: 八代亜紀出版社/メーカー: ユニバーサルクラシック発売日: 2012/10/10メディア: CD購入: 1人 クリック: 29回この商…

無明

結局なにも分からないのね。 未来は暗い。本当だろうか? 文明という点では客観的に見て状況は良くなっている。 先端的な知識人が未来の暗黒面を語ると、なんだか安心する。 人間は、幸か不幸か、簡単に滅びないよ。 知の逆転 (NHK出版新書 395)作者: ジャレ…

遠い

昔とはなんだろうか。過去とは。過去は既に無いのに、それに囚われている。言葉の正しい意味で囚人だ。全ては牢獄の中の出来事。日々は牢獄の中に等しい。牢獄を意識すれば、そこから出れる一歩が踏み出させるのか。強烈な電気ショックが必要だ。もっとショ…

晴れわたる空

目を覚ませば、もう苦しみだ。心臓は重苦しく、過去は業火をもって追いかける。もう捕まっているのは分かっている。しかし、捕まっていても何度も何度も縄を首にかける。 冷え切った体、まだ過去にさいなまれている。

起源への遡行

根源というものがあるとすれば、それは時間的な過去ではないと想う。 時間というものは 1)過去から現在を経て未来へと向かっている 2)未来から現在を経て過去へと向かっている 3)過去と未来は円環を成している 根源への帰還とは3)になる。何故なら過去は存在…

食肉は殺人

ジャンク→アナログシンセ→PCによる機材の変遷から一巡し、全ての要素を丸呑みした感のある10年代のMERZBOW。単独者のオーケストラに相応しく、激烈なコアのみを提示し続けるピークレベルは、必然的にシステムとの軋轢を表象する。 あくまで彼岸に向かうこと…

操られていること

只管にすごい。挑戦し続けることでありのままになる。ありのままでいることに挑戦し続ける。意識と無意識が無効化する地点へ。 まぶしい いたずらな祈りアーティスト: 不失者出版社/メーカー: HEARTFAST発売日: 2012/09/18メディア: CD クリック: 13回この商…

透明人間

いいなあ。骨の音か。即興というよりも、なにか妖精が奏でる音楽のようだ。それほど人間の声は表現力があるのかもしれない。 「血と骨」という小説があった。別に好きでもない。しかし血と骨は人間が脈動する生命であることを生々しく裏打ちしていた。 骨の…

みんな幸せになればいいのに

今の日本で普通に生活することはまだ可能ではないか。もちろん放射能汚染の中で緩慢な崩壊の最中であるが。経済的に年々生活を維持するのが難しくなってきているし、餓死もある。しかし、どこぞの国と比べたらまず天国だろう。 自分のものを少しだけおすそ分…

DDDDDD!

ガキガキにグチャグチャにメチャクチャにグシャグシャにバキバキにベコベコにガビガビにしてほしい、してやりたい、してみたい。 傑作ご当地コンピ"NAGOYA CITY HARDCORE"収録曲も素晴らしかった。D-CLONE待望のフルアルバム。爆裂音塊を整理した録音が素晴…

琥珀の中の昆虫

テキサスのバンド。オリジナル盤はメンバーがテストプレスしたアセテート1枚しか存在しないらしい(まあ、こんな情報なんて大枚はたけるブルジョア以外には、どうでもいいのだが)。この再発盤にはボーナスで72年のライブ音源を2曲収録されている。ジャケッ…

いいちこ・早番

この手のCDを買うと、何もかもどうでもいい感じに落ちていく逆説的な快感がある。できれば重量盤LPを購入し背徳の官能に酔いしれたいところ。 メタルという音楽の謎は深い。中学生でもないので、今更何がいいのかよく分からないのに無視できない。そしてこの…

無意識の悪意は集合する。集合する無意識により亡命する。

ずっと聞きたかったけれど、プレミアが付いていて手が出せなかったアルバム。過去に二度CDで再発もされたが、ジャケが趣味ではなく見送っているうちに見かけなくなった。ジャケットに音を見るしかなったあの頃は若かった。(だが、このSMのイラストは内容を…

嵐の夜に

夢を見ることは悪いことだろうか。未来を信じることは悪いことだろうか。60-70年代のサイケデリックには何かがあった。今は無い。何かを失って、何かを得たのか、失い続けてきたのか、幻を追い続けて幻を得たのか、幸せを追い続けて得たものが不幸の種であり…

鍛えることは女々しい

魅力的な登場人物の多いバキの中でも一番魅力的なのが花山薫だ。このスピンオフが作られたことからも、人気の高さを伺わせる。おそらく、損得勘定を重視する新自由主義への反発心が根底にあるのだろう。花山が拘る「格闘でなく喧嘩」、まさにその違いがここ…

終末/自滅

原発が爆発したとき、日本は終わったと思った。この思いは今でも変わらない。安全・安全の大合唱の中で、ほとんどの日本人は心の中で終末を感じているのではなかろうか。福島の子供たちが心配だ。3.11以降は全く違った世界になってしまった。我々はあの日以…

死と時間

原発事故以来、集中力がなくなってしまった。傍らに死があるのだからそれも当然だろう。どうせ死ぬのなら、やさしく涼しい怜悧な麻酔をかけて死にたい。緊張が氷の海で溶けていくように。妖しい欲望だろうか。欲望とは心の運動であるが、死を想うことは時間…

夢見た未来は・・・・・

想い出深い、つくば科学万博の音源が復刻された。あの頃は未来はキラキラしていたんだなあ。原発事故以降は、もう日本に未来は無いよ。どんなにごまかしても放射能は消えない。絶望こそ未来。未来こそ絶望。正気をなくさずに日本で生きていけるだろうか。 TP…

豊かな世界

友人から借りたじゃりんこチエのDVD-BOXを朝から鑑賞する。放送当時関東に住んでいて、関西滞在中に観て、大きなカルチャーショックを受けた作品。やくざも警察も子供も渾然一体となった豊かな世界だ。久しぶりに見直すと、「児童虐待」「暴力団対策法」「飲…

半期の終わりの日に

-今日の読書(2012/9/28) 木田元、”私の読書遍歴ー猿飛佐助からハイデガーへー、” (岩波現代文庫). 語学学習の基本を学ぶ。”「昨日のことは忘れない」という原則”。休まずぶっ続けでやる。”規定は否定である”。概念は本質へのアプローチを阻害することだ…