ラグナロク

よく行く映画館が吹き替えだけの公開と知ったときは、同行者が怒っていた。なぜタイトルが「ラグナロク」ではなく「バトルロイヤル」なのか。 以前、同じ映画館に行ったときに若いカップルの男が「なんで字幕やねん!意味わからん!」と連れの女性に真剣に怒…

精神の安定のために音で絵を描く。

ある時期までドローンが苦手だった。今でも同じ周波数で鳴り続けているドローンは苦手だ。 理由はよく分からない。音楽を聴くという行為が、無意識のうちに時間的な変化を期待しているからだろうか。 いやいや、そんな高尚なものではなくて「ずっと同じ」と…

雷母

最高かよ! Rock 'n' Roll Disaster アーティスト: Thundermother 出版社/メーカー: Imports 発売日: 2015/09/25 メディア: CD この商品を含むブログを見る

奇跡とか真実とか

あるんだなって思います。 2017/2/11 名古屋クラブクアトロ

心と言葉

心が存在するのは言葉があるから。 それならば言葉は心なのだ。 四畳半 アーティスト: GADORO 出版社/メーカー: SPACE SHOWER MUSIC 発売日: 2017/01/11 メディア: CD この商品を含むブログを見る

無題

前作から速いペースで発表された新作「星も知らない」、素晴らしい。奇跡的な作品で感動した。 忘れたいのに思い出せない一瞬が封じ込められていた1st以降、無垢と音楽性の間の綱渡り状態からネクストレベルへ至ったように感じる。 「宇宙まで飛んでいけ~」…

本との対話

前にも書いたけれど、本を読む本が好きだ。特に、著者が本との真剣な対話をしている本が。 群ようこさんの著書はほぼ初めて読んだ。難波のブックオフで買った。群ようこさんは、椎名誠著「本の雑誌血風録」で読んだ知識しかなくて少し軽い方かと思っていた。…

必然性

あまり好きではないけれどヘビィメタル、あるいは大好きなパンク・ハードコアやノイズ、もはや老人になってしまったロックを演奏する人には必然性があった。必然性がなければできない音楽だった。それだから人の人生を変えるような物語の力を持てた。 今は、…

なぜヒップホップは感謝するのか

ずっと疑問だった。なぜ、ヒップホップは他者に感謝するのか。 Apple musicを使い始めて疑問が突如氷解した。莫大なアーカイブ。もはやレコード漁りも不要。検索ワードを打ち込むだけで、であらゆる音楽が手に入る。 ヒップホップの核はサンプリング。つまり…

Apple?

なんだかドリーミーなトイポップの趣だなあ。 真空管の発振器は健在のようだ。 昔十三ファンダンゴでライブを見たような気がする・・・。でも、幻だったのかもしれない。 CLINGING TO A DREAM アーティスト: SILVER APPLES 出版社/メーカー: CH CO 発売日: 2…

囚人

我々は、すべて囚われ人ということでしょうか。 『思想というものは、特別なものではなくて、当たり前のようにある空気のようなものを、概念化したもの』というのは、佐藤優さんと魚住昭さんの共著の出発点であったような気がします。本が見つからないので正…

洗練された週末には寂しさを感じるけれど

まったく知らなかったけど、ふとしたきっかけで聴いて驚いた。ともて洗練されたロックバンドだけど、何か新しさがある。 Waterfall アーティスト: My Morning Jacket 出版社/メーカー: Capitol 発売日: 2015/05/04 メディア: CD この商品を含むブログを見る …

第二作目をアマゾンビデオで見た。有料作品だったけど大満足。 ちょっと暗くて猟奇的だけれど、なんだか青春期の刹那感もあいまって、重厚な深い世界観を作り上げている。 おすすめ。 特捜部Q キジ殺し(字幕版) 発売日: 2016/09/02 メディア: Amazonビデオ…

これは・・・・、何で? 知っているつもりだった、阿波踊り。 ワールドミュージック好きからクラブ系まで幅広い支持を集める理由がわかる。太鼓の音が地響きのように迫る。上滑りする電子音ではなく心の底に迫る。 ロックバンド的な録音で新たな聴き方を提示…

普通?

ロッキーエリクソンの新譜。 びっくりした。あちら側を感じさせるものはすでに無い。 正直さみしい。 True Love Cast Out All Evil アーティスト: Roky With Okkervil River Erickson 出版社/メーカー: Anti 発売日: 2010/04/20 メディア: CD クリック: 4回 …

ミステリー小説を片手に過ごす夜がくるなんて想像していなかったさ

今日見た映画。 休日は何も考えたくない。 ミステリー小説がなぜ世の中に存在するのか、大人になって分かった。 デンマークの映画は初めてかも。相棒のイスラム教徒が興味深い。 特捜部Q ~檻の中の女~ [DVD] 出版社/メーカー: アメイジングD.C. 発売日: 2016…

It!

安定した内面の世界。 破壊的な力は自分を蝕んでいく。 博物館館長助手の彼は安定が欲しかったのだろうか、すべてを支配したかったのか。小さな家庭を作りたかっただけなのかもしれない。 ゴーレムは命をつくることだけはできなかった。 魔像ゴーレム 呪いの…

内戦

映画館で見たときは、あまりに情報量が多くてモヤモヤしたままだった。今回ようやく見直して腑に落ちたり、落ちなかったり。 アベンジャーズの活躍の周りで被害者が出る、なんて言い出したらアメコミヒーロなんてそもそもが成り立たない。もちろん悲劇もある…

区切り

ついに終わる。ありがとう。 今年はいろいろな終わりが多い。 いつもあると思っていたのもが、なくなる。 本当に今年はいろいろなものがなくなった。 喪失だけが人生、かな。 こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 特装版 40周年記念 (ジャンプコミックス) 作者…

復活

なんとなく気恥ずかしいが、このシリーズのファンである。 前作の上滑り感がなくなって、地に足が着いた文体になった。次回作が楽しみだ。 警察権力、ストリートギャングが味方ならなんでもできる、との突っ込みはおいておいてほしい。 これから、どう凌いで…

地下線路

阪急・西院の駅ホームで絵を描いていた人、まだ描いているのだろうか。 記憶にある風景。

この世界の中心

ちょっと切ないラストでした。でも、なんだか優しさがあっていいね。 パッセンジャーズ [Blu-ray] 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ 発売日: 2010/04/21 メディア: Blu-ray クリック: 11回 この商品を含むブログ (7件) を見る これも楽しめました…

最近聞いたもの

最高。 STONEDZ PROJECT アーティスト: STONEDZ 出版社/メーカー: Pヴァイン・レコード 発売日: 2016/08/17 メディア: CD この商品を含むブログを見る これまた極上。 風光る アーティスト: LIBRO 出版社/メーカー: AMPED MUSIC 発売日: 2016/05/25 メディア…

ひとの友達を笑うな

君に友だちはいらない 作者: 瀧本哲史 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/11/13 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (10件) を見る 著者の例示が 「七人の侍」、「ワンピース」、「ドランゴン桜」、「三丁目の夕日」。 著者の経歴は東大卒、マッキン…

認識を導く関心

なぜいがみ合うのか。なぜ戦うのか。 なぜ和解するのか。 まったく分からない。 敵がいないと何も進まないアメリカンヒーローは今のアメリカを象徴しているようだ。 ワンダーウーマンは良かったです。一番現実と乖離しているコスチュームだけど、彼女だけが…

暴力の世界

ヒートから始まった映画の系譜。好みです。 孤独と暴力と愛の帰結と逃げ出せない世界。 責任は引き受けなければいけない。 ヒート プレミアム・エディション [DVD] 出版社/メーカー: 東北新社 発売日: 2008/06/13 メディア: DVD 購入: 12人 クリック: 67回 …

奇跡と忘却

奇跡とは個人的なものだと思う。 忘れ去られた過去と、忘れられていく未来。 概念の無い世界では、別の法則で世界が成り立つ。 フィロソフィー・オブ・ザ・ワールド (PHILOSOPHY OF THE WORLD) アーティスト: シャッグス,SHAGGS 出版社/メーカー: ATOZ 発売…

一時代の終わりに

今日やっと聴いている。 あの時代はもう戻ってこない。ようやく納得した。 ありがとう。Mさん。 Ca Va アーティスト: Slapp Happy 出版社/メーカー: Banana 発売日: 1998/04/24 メディア: CD クリック: 1回 この商品を含むブログ (5件) を見る

音楽の資本論

今回はメモです。 資本論の言いたいこと、「カネか命か」 はじめてのマルクス 作者: 鎌倉孝夫,佐藤優 出版社/メーカー: 金曜日 発売日: 2013/11/09 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (4件) を見る 法然は大蔵経を通読して「南無阿弥陀…

もっと早く知っとけばよかった

ミッシング箱庭というバンドを知らなかった。今回初めて買って涙している。生で演奏を聴きたかったし、見たかった。 でも音源が残っていて良かった。音も想いも永遠に残るから。 渚にてやマヘルの初期に持っていたもの、あるいは目指していたもの、を感じて…